婚活がうまくいかない20代は何が悪い?|婚活が辛い20代女性のポイント

婚活のお悩みコラム

婚活を意識し始める20代。中にはすでに婚活を始めて試行錯誤している人も多いでしょう。しかし「まだまだ時間がある」「まだ若いからすぐ結婚できる」と油断していると、ずるずると行き遅れてしまうこともあります。実際、30代40代でも婚活に苦戦している人は20代から婚活を始めていたという人も少なくありません。

この記事では婚活がうまくいかない20代は何が原因なのか?ということと、その対策法についてまとめているよ。

20代の婚活がうまくいかないのは何故?

年齢の若い人はあまり婚活をしない=同年代を狙って婚活するのは地味に大変

20代だとまだ結婚を考えない人も多いですよね。特に男性ほど「結婚はいいや」と考える傾向があります。このことから、同年代と結婚したいのに中々うまくいかない、ということになりがちです

例えば、以下のようなことが起こることもあります。

25歳女性のOさん。最近友人が結婚し、「私もそろそろ相手を見つけないと」と焦り始めたのをきっかけに婚活を始めた。しかし20代で婚活している男性は競争率が高く、すぐに成婚退会してしまう。それでも活動していくうちに、「この人は」と思えるような男性を見つけることができた。だがその後その男性は真剣に結婚したいと考えていないことが発覚し、「結婚までは考えられない」と言われ苦戦することに…。

「なるべく年齢の近い人と結婚したい」と思う人は多いことでしょう。しかし、20代の時点で結婚を真剣に考えている20代の割合は下図の通り、男性30%、女性70%となっており、女性あまりの環境になっていることが分かります。

婚活する20代の割合→女性余りの環境

20代では結婚を考えている男性の総数はかなり少ないです。このため同年代の男性とお付き合いをしたとしても、「結婚はまだ先送りにしよう」と言われて中々関係が進展しないというケースがよく見られてしまいます。

女性に比べて男性は「まだ結婚しなくてもいいや」って考えがちなんだね

同じ20代の男性と付き合ったとしても、

・すぐに結婚ができない(お付き合いの期間が長い)
・相手が婚活に真剣ではない可能性
・そもそも20代で婚活する男性が少ない

というケースがあるがゆえに、適した相手が見つからず婚活がうまくいかないという結果になってしまいがちです。

若いからと相手を選びすぎる

また20代だからこそ、「若さ」を武器にするあまり相手を選びすぎる女性もいます。

20代は30代の婚活に比べて「何としても結婚してやる!」というハングリー精神が足りません。それは相手のことをゆっくり見極める時間があるという点では良いことです。しかし「まだ余裕がある」と考えて、本当なら良い条件な男性を逃してしまうと後々後悔してもしきれません

私もあの時「なんかビミョーかも」と見送りにした男性は、今ならそんなに悪くなかったなって思うよ

婚活がうまくいかない人は「まだもっと私に合ういい人がいるはず!」と、まだ見ぬ理想の男性を追いかけがちです。ただし、理想は求めればキリがありません。高い理想を掲げた結果、2年3年とずるずると婚活する期間が伸びてしまうということもあります。

単純に魅力がないと思われている

もっと単純な話として、自分に結婚するだけの魅力がないから婚活が成功しないということもあります。この点は自分で改善できることもあれば、改善できないところもあります。ただし、改善できるにも関わらず欠点を直そうとしないのは確かに「婚活がうまくいかない人」の特徴です

例えば、身だしなみを整えたり、言葉遣いに気をつけたり、愛想を良くしたり、といったことは意識すれば改善できる部分です。こうしたところを直そうとする努力を見せない人は異性からもあまり好まれません。特に婚活は結婚をゴールにしており、ただの恋愛とは少し異なります。なのでこれまで恋愛では問題なかったかもしれない欠点も、これから一生を過ごす相手として見極められる婚活ではかなりのマイナスポイントとして見られる可能性があります。

例えば、27歳のAさんはいつも暗く地味目の服を着ていました。見かねた彼女の友人がそれを指摘して「もっと明るい服にしてみたら?」とアドバイスしましたが、Aさんは「これが私のスタイルだから」と聞く耳を持ちませんでした。

以上に紹介した例は難しい側面があります。この例では自分の格好を変えないことがそこまで悪くみられることはないかもしれません。

確かに、結婚する相手には自分の好きな格好をしているのを受け入れて欲しい、「自分らしさ」を認めて欲しい、という感情を持つ女性は多いです。一方で、どうしても人間の感情的に言うと「明るい服を着ている人は明るい性格に見える」という心理が存在するのも事実です。素敵な女性として見られたい、と願うのであれば異性から好かれる格好をするほうがより大きなメリットを得られます

これは服装についてですが、同様に言葉遣いや立ち振る舞いという点においても同じことは言えるでしょう。しかしこれは自分らしさを捨てろ、ということではありません。どうしても「ここだけは譲れない」という部分を直そうとするのはメンタル的にも悪影響を及ぼしてしまいます。ただ単純に、「ここは人に悪くみられるかもしれない」と思いつつも改善しないで後伸ばしにしている部分は誰しもあることでしょう。自分らしさを守りつつ、欠点を積極的に直していく姿勢は、より優れた異性の目に留まりやすくなります

【もう一つの注意点】20代婚活は奨学金に注意

もう一つ、これはあまり「婚活がうまくいかない」に直接影響することは少ないのですが、20代の婚活には奨学金の問題があります。20代ならば奨学金を返済している最中だという方も多いでしょう。

婚活では借金の有無はかなり重要な項目です。「奨学金なら仕方ないよ」という人もいますが、やはり結婚して家計が一緒になれば返済が負担になることもあります。

世間では「他人の借金の面倒なんて見てられない」という人が大半です。借金があるかないかで婚活のしやすさが変わると言ってもよいでしょう。少なくとも、自分の借金は自分のお金で返済するという姿勢を見せることが大切になります。

20代の婚活を成功させるには?

20代の婚活を成功させるには?

20代は年上を狙うべし

20代の女性は基本的に無理せず年上の人を中心に狙っていくのをおすすめします

30代前半ならまだ歳も近く、しっかり婚活を考える男性も増えてきます。男性はやはり若い人と結婚したいと考える人が大半です。そういった人たちを積極的にアタックしていけると成功の可能性が高くなるでしょう。

年上の人は年収も多い、というのもメリットかな?前向きに考えよう!

年上を狙う際は結婚相談所で婚活するのがおすすめ。婚活に真剣な人が多く、成婚まで早いというデータが出ています。

良い相手には積極的にアプローチする

「まだ他にも良い相手がいるかもしれない!」と考えがちな人ほど要注意です。

微妙だなと思うような男性でも、向こうから声をかけてくれるのは若いころだけです。自分が結婚してもいいと思える基準をギリギリでも満たすならば、しっかり若いうちにアプローチをしかけていかなければなりません

高望みはしすぎないように!「いいな」と思うところがあれば積極的になろう

好感の持てる仕草ができる人はより良い人の目に留まりやすい

難しいことをする必要はありません。ただ小さなことを積み重ねることによって、「この人は他の人とは違う」と思ってもらえるようになります。例えば、年収1000万円以上の男性と結婚した女性は婚活の間自分が人からどう見られているか?を徹底的に研究したそうです。そして女性男性関わらずに自分のルールを貫徹し、「人と話す時はこうするべき」という態度をとり続けました。現在の夫と結婚する時彼女が気を付けていたことについて、情報を得ましたので以下にまとめます。

  • 汚い言葉遣い、罵詈雑言は控える
  • 身だしなみに気を使い、落ち着いていてかつ女性らしい印象の服を着る
  • 食事や話の最中にスマホを触るときは事前に「いいですか?」と尋ねる
  • 初対面の時こそ、極力親しみやすいように振る舞う
  • ハキハキと話すことができなくても、あいづちで「聞いていますよ」という態度を見せる

当たり前のように見える事でも、それができていない人は多くいます。婚活がうまくいかないのは周囲に良い人がいないからだと考えてしまうより、自らを磨くことによって自分から良い人を引き寄せることを心がけてみましょう。

20代女性が同年代と結婚するには?

20代が同年代男性を狙うのは大変であるのは事実です。しかしやはり男性側としても同い年くらいのパートナーを見つけたいと思っている人が大半。そのため結婚に真剣な同世代を見つけるのは難しいところもありますが、逆に狙いどころの選択肢とも言えます。

結婚に真剣な男性を見つけられたらもうけもの!

20代が同年代を狙うには2つの方法があります。

  1. 結婚に真剣な人を探す
  2. 結婚を前提に付き合いたいということをハッキリさせる

まずは20代で結婚に対して真剣な人を探す方法について。真剣に婚活をしている人がいるのは結婚相談所がもっとも代表的です。しかし結婚相談所は金額も高く、まだ手取りも少ない20代が多く入会しているとはいえません。このため結婚相談所では20代の競争率は少し高くなってしまいます。

よって中でも値段がリーズナブルな婚活アプリや、気軽に参加しやすい婚活パーティーなどが婚活のメインフィールドになります。婚活アプリを選ぶ上では、真面目な出会いを求める人が多く、はっきりと婚活をウリにしているものを選びましょう。

その上で自分が結婚を意識していることをプロフィールやお付き合いの初期の段階で伝えることで、結婚までスムーズに動きやすいでしょう。また、お付き合いから結婚まで少し長くかかるかもしれないことを念頭に置いておきましょう。

20代はどんな婚活サービスを使うべきか?

以下からは20代が婚活するにあたっておすすめの婚活サービスについて紹介します。20代向けのプラットフォームで活動することによって、婚活の成功確率を上げられます。ぜひ試してみましょう。

20代には婚活アプリ(マッチングアプリ)【一番おすすめ!】

20代におすすめの婚活アプリ

20代の婚活で一番利用してみて欲しいのが婚活アプリです。

20代が婚活アプリを使うメリット

・何と言ってもリーズナブルな価格(女性は無料のものも多い)
・スキマ時間に使いやすい(忙しい社会人には助かります)
・SNSらしい楽しいシステムや便利な機能
→婚活初心者・経験者ともにおすすめ!

20代の婚活にオススメなのは婚活アプリを利用すること。そのメリットは何と言ってもリーズナブルな価格です。ただし価格が低い分、「お試しで」という人も多くいるという点はデメリットになります。

とはいえたいていのアプリでは絞り込み機能というシステムが存在します。これによって真剣に結婚を考えている人を簡単に見つけ出すことができるので、しっかり使いこなせば結婚相手を見つけることは充分に可能です。お金をあまり婚活に使うことができない人にとっては婚活アプリは大きな助けとなることでしょう

そして案外馬鹿にならないのが、こうした婚活アプリはSNSらしい機能を多く備えているという点です。婚活アプリは写真を揃えたり、こまめに更新することが結構大事です。なのでインスタで綺麗な写真を揃えたり、ツイッターで何気ないことを呟いたり、ということが好きな人ほど有利に利用することができます。

婚活アプリの中でも20代におすすめなのが以下の3つ。基本的には女性の場合登録はすべて無料です

  • マリッシュ
    当サイトのイチオシ。真剣に結婚を目指す人が多く、結婚相手を探す時に迷ったらコレというほどメジャー。女性はずっと利用無料。
  • ペアーズ
    登録者数最大手のマッチングアプリ。恋活利用も多い一方で、きちんと使いこなせば婚活するのは難しくない。女性は利用無料。
  • youbride
    すべての機能を利用するにはスタンダードプラン(2,400円/月〜)に入る必要がある。その分真剣な婚活をする人が多いので、無料会員の時点で使えそうだと感じたらメインとして利用してみるのがおすすめ。

それぞれのアプリにも違いがあり、「こういう人が人気が出やすい」という特徴があります。そのため一つのアプリでうまくいかなくても、別のアプリでは「いいね」をもらいやすくなる、といったことが起こります。

このことから、これらのアプリをなるべく一通りインストールしてみて、自分に合うと感じたものをメインに使っていくという方法をおすすめしています

20代向けの婚活パーティーに行ってみよう!

婚活パーティー

さらに20代に行ってみてほしいのが、婚活パーティー。婚活パーティーには様々な種類がありますが、中でも「20代向け」の婚活パーティーは今の年齢でしか行けません

「同年代と結婚したい!」という人はぜひチェックしてみよう!

他にも「読書好きで集まる」「高年収限定」「年上と年下の出会い」など様々なテーマで開催されています。ここでは語りきれないくらいなので、ぜひ直接サイトでチェックしてみてください。

ただし注意してほしいのが、「婚活がうまくいかない」という人ほど婚活パーティーでうまくいかなかったケースが多いということです。せっかく参加費を払ったにも関わらず、良い人が見つけることができなかった…ということがプレッシャーになってしまうようです。婚活パーティーは何回も参加すると結構高くつきます。慎重に婚活を進めたいという場合には、まずアプリや結婚相談所を利用することを考慮に入れてみてもいいでしょう。

しかし現在はコロナの影響により、オンラインでできる婚活パーティーが増えつつあります。オンラインでは料金もかなり良心的となるので、気軽に参加できるようになってきました。「何回参加してもいい人が見つからない」という事態にならないように、気を付けて参加してみましょう。

婚活パーティーの予約ができるサイトはこちら(オンライン婚活パーティーにも対応しています)→街コンジャパン

【20代向け】おすすめの結婚相談所

20代が結婚相談所を使うメリット

・婚活に真剣な人が多い(それだけ結婚まで早くなる)
・婚活のプロが相談に乗ってくれるので初心者も安心
・紹介される相手には「独身者証明」がある

結婚相談所は他の婚活サービスに比べて割高。しかしその分結婚に対して真剣な人が多いというのが大きなメリットとなります。また、相手を慎重に見極めたいという人の割合も高い傾向です。

結婚を考えていない人と過ごしてしまうと、結婚まで辿り着くのが遅くなってしまうものです。その点結婚相談所ではプロと相談しながら進められるので、自分に合ったお相手を紹介してくれたりもします。

金額を投資してより良いパートナーを得たい、結婚を真面目に考えている人と出会いたい、という場合に結婚相談所はベストな選択肢となります

結婚相談所にも色々なタイプがあるのですが、20代にこそ使ってほしい結婚相談所は次の3つです。

  • IBJメンバーズ
    月会費15,500円。初期費用165,000~409,500円。どこまでサポートしてもらうかによって初期費用のプランが異なります。オンライン面談実施中。
  • ゼクシィ縁結びエージェント
    月会費9,000円~23,000円。入会費、初期費用無料。20代も多い結婚相談所です。まずは来店予約をして、カウンセリングをするのがおすすめ。
  • オーネット
    月会費13,900円。初期費用は106,000円ほど。大手の結婚相談所なので初心者も安心。入会しなくても相性のいい人を10分以内で探せる「結婚チャンステスト(無料実施中)」はとりあえずやってみる価値あり(リンク先から行うことができます)。

特にオーネットの結婚チャンステストはお試し程度に自分にとっていい人がいるかどうか?が分かるので、当サイトではかなりおすすめしています。なお、結婚相談所が合う人と合わない人については以下の記事で解説しています。

20代は若いから婚活は余裕?|最後に

20代の婚活は若いからその分男性から声をかけてもらいやすくなる、という点は確かにあります。婚活についての情報をまとめていても、20代の婚活は30代の婚活に比べると少し環境が違う、と感じます。

しかし20代から婚活を始めても30代、40代まで婚活をずるずると続けてしまう人が多いのも事実です。まだ相手を選べる、まだ自分は若い…そう思っているうちに、いつの間にか「結婚できない女」になってしまっています。

まずは自分が結婚したい相手はどういう人なのかということを今の段階からはっきりさせ、良い人と出会えたら積極的にアプローチをかけていくことが大切になります。今回紹介した方法を駆使して、婚活を成功に導きましょう。

「自分は本当に結婚できる人間なのか?」を知る無料のツール!

「結婚には少し興味があるけれど、何から始めればいいのか分からないな」と感じていませんか?

実は婚活のサービスの中には、無料で「自分がどんな恋愛をする傾向があるのか?」を調べられるツールが存在します。

ここで紹介するのは大手結婚相談所のツヴァイが提供する「恋愛傾向チェック」です。あなたの性格について尋ねるたった30の質問に答えるだけで、簡単にあなたの恋愛の弱点から強みまで診断してくれ、さらに婚活についてのアドバイスももらえます。また、診断後も無理な勧誘はほとんどありません

「どうしてモテないのか知りたい」「いつも恋愛で失敗してしまうのはなぜだろう」「自分って本当に結婚できるの?」という悩みをサクッと5分で解消してみましょう!

婚活のお悩みコラム
この記事が役に立ったらシェアしよう!
マリハピ!
タイトルとURLをコピーしました