婚活する男性の平均年収とは?|年収500万円は普通じゃない?婚活で相手に求める基準を解説

婚活のお悩みコラム
  • 相手に求める年収はどのくらいが普通なのか?
  • 婚活している男性の中で年収の高い人ってどのくらいいるの?
  • 相手を年収で見るのは失礼?

という疑問について解説します。年収は結婚生活での家計を維持する一つの大きな要因であるので、特に女性にとって結婚相手を選ぶ基準として重要視されます。

ここでは統計データをもとに、婚活をしている男性の平均年収について紹介し、年収の高い男性と結婚するのは実際どのくらい難しいのかということや、年収以外の男性の経済性を知るための見るべきポイントについて解説します。

20~30代男性の年収はおよそ300万弱~400万円強

20~30代男性の年収はおおよそ年収300万弱~400万円強がもっとも多くなっています。中にはもっと稼いでいる人も稼いでいない人もたくさんいますが、年収500万以上稼いでいるという男性は、普通の人と比べてけっこう稼いでいて、珍しいほうだという認識でよいでしょう。

また二十代で年収400万以上を稼いでいる人は少ないですが、三十代になると400万以上はそう珍しい年収ではなくなります。年齢によって年収が増えていくという点にも注目したいですね。この点について詳しくは以下のデータで説明していきます。

20代の年収

20代の年収分布
画像元:https://doda.jp/guide/heikin/age/(女性のデータも含む)

このグラフから二十代の年収のボリュームゾーンは200万~400万円であることが分かります。

また高年収ゾーン(800万以上)は2%以下と、かなり少ない割合になっていることもわかります。

30代の年収

30代の年収分布
画像元:https://doda.jp/guide/heikin/age/(女性のデータも含む)

次に婚活でもっともターゲットとされる三十代の年収を見てみます。このグラフより三十代の年収は300万円~500万円でもっとも多いということが分かります。

また二十代と比べると、600万以上の比較的高い年収帯に届いている人が多いのも特徴です。

以上のデータから、20~30代において結婚相手に希望する年収は300万円前後が現実的と言えます。また、どうしても年収の高い人と結婚したい場合は年上の人も候補に入れてみるのも検討するべきと言えるかもしれません。

日本の男性の平均年収

日本の男性の平均年収
国税庁の調査を一部改変

もっと幅広い年代で見た時の男性の平均年収についても見てみましょう。国税庁の調査によると、20代から50代までの男性の平均年収は517.7万円とされています。

例えば三十代の男性ですと、平均年収は537万円程度となり、中央値は415万円です。

とはいえ実際はその平均通りの年収の男性は見つかりにくいのが現実。平均はあくまで全体の平均というだけであり、年収500万円の男性がたくさんいるという訳ではありません。

高年収の人と結婚したい、と思うのは無謀なのか?

やはり気になるのが、高年収の人と結婚するのはどのくらい難しいのかということです。「玉の輿」は困難なこととして語られがちですが、実際はどうなのでしょうか?

高年収というと、一般的には年収800万円以上稼いでいる人のことを指しているでしょう。そこで先ほどの年収分布のグラフから年収800万円以上の高収入者の割合を出してみました。

20代で年収800万円以上稼いでいるのは全体の0.6%
30代では全体の4.2%

であり、つまり20~30代ではおおよそ全体の5%ということになります。

これは40人いる学校のクラスのうち2人くらいは年収800万円以上を稼いでいる、というくらいの割合です。高年収の男性に出会えたとしても結婚できるかは別の問題なので、これが多いのか少ないのかはその人の感覚によりそうです。

年収を気にすべきか否か

年収は子供の養育費や家計の安定を支える上で重要になります。しかし結婚相手を探すうえで、年収ばかりを気にするのは問題があります。

現在30代の「結婚したい」と考えている人が3年後に結婚できる確率は20%以下となっています。このことから、無理に相手への理想を高くしてしまうと逆に結婚できる可能性から遠ざかるということに繋がってしまうのです。また「それでも年収の高い人がいい」とよりよい相手を探し続けた結果、ずっと結婚することができずに10年近く婚活を続けることになった女性もいます。

年収は確かに重要ですが、そればかり気にすると結婚できなくなってしまいます。確かに年収の高い人と結婚できる人はいますが、そもそも高年収の男性は絶対数が少ないものです。よって年収のラインを引き上げ過ぎず、現実を見るようにするのが結婚への近道となります。

年収以外でも見るべきポイントはある

ここまで男性の年収について解説してきました。

結婚相手に求める年収は300万円前後がもっとも現実的です。

とはいえその人が経済的に安定感があるかどうかというのは、年収だけでは分かりません。その人に本当に経済性があるかどうかを見極めるためには以下の4つのポイントが重要です。

経済性を見るポイント
  • 仕事の将来性
  • 職業の安定性
  • 普段のお金の使い方
  • 共働きするかどうか

将来性を見る|歳をとるほど年収は上がる

年収は上がっていく

今の時点ではそこまで年収が高くない人でも、将来的には年収が上がっていく可能性があります。若手のうちは能力も低く、収入も少ないというケースが大半でしょう。しかし伸びしろがある人は年齢が上がることによって収入が増えていきます。

また現時点で年収の高い男性は他の女性にとっても魅力的なので、競争率が必然的に高くなってしまいます。「伸びしろがあるかどうか?」まで判断することによって、より良い結婚相手を簡単に捕まえることができます。

高年収男性と結婚したい人は今の年収で相手を判断するだけではいけません。将来的な伸びしろを考慮し、良い男性を捕まえることを考えてみてもよいでしょう。

職業の安定性

結婚においては職業の安定性も見るべきポイントです。

例えばこの項目に該当する職業は、今は良くても将来的に大幅な年収ダウンが起こってしまうことがあります。

・肉体的に過酷である
・リストラや退職が多い
・不景気に影響されやすい

もちろん結婚した後は会社が配慮をしてくれて、そういった不安定な状況にならないようにしてくれることもあります。また、結婚を機に男性から安定した業務につきたいと希望することもあるでしょう。
ただ経験が少ない若手のうちはどうしてもクビが切られやすいことも事実です。

「不安定な職業に就いていないか?」というのも、結婚する前の段階で将来の経済性をチェックする上で重要な指標となります。

普段のお金の使い方を見る

年収が高くても金遣いが荒ければ、家計にお金が残りません。年収は高ければ高いほどいいというものではなく、むしろその稼いだお金をどう管理していくか?が一番重要です。

やりくり上手な人は、たとえ人より年収が低くても貯金を残しつつ悠々自適な生活ができます。表面的な「どれだけお金を稼げるか?」という部分より、「普段からどんなお金の使い方をしているか?」に目を向けてみると結婚後の具体的な生活についても想像がつきやすいです。

お金遣いの計画性、というポイントは年収に比べて目に見えて分かる部分ではないため、判断するのが難しいと感じるかもしれません。しかしその分だけ、その人の経済性を計るうえでは重要な項目です。

共働きをすれば世帯全体の年収は上がる

最近になっては夫婦がともに働いて給料を得る家庭も珍しくありません。

二人の給料を合わせれば「年収1000万円」の大台に乗ることも共働き家庭では不可能ではないのです。また一人の大黒柱に頼りきってしまうと、その人が病気やリストラなどで稼げなくなった時に家計が困窮してしまいます

共働きをすることによって、世帯の年収アップ・リスクの分散をすることができるのです。そのため男性側の年収にばかり着目するだけではなく、自身の給料も念頭に入れておくことによって相手選びの視野も広くなります。

「自分は結婚できるのか?」を知る無料のツール!

「婚活してみたいけど、何かとお金がかかりそう」と悩んでいませんか?

実は婚活のサービスの中には、無料で「自分が結婚できるのかどうか?」を調べられるツールが存在します。

ここで紹介するのは大手結婚相談所のオーネットが提供する「結婚チャンステスト(無料実施中)」です。自分のステータスや相手に求める条件に関する23の質問に答えるだけで、自分に合う人がいるのかどうかを知ることができます。

婚活を失敗させないために、ぜひ活用して婚活の自己分析をサクッと行ってみることをおすすめします。

婚活のお悩みコラム
この記事が役に立ったらシェアしよう!
マリハピ!
タイトルとURLをコピーしました