婚活詐欺の実態とその手口とは?【詐欺をする男性の特徴と対処法】

婚活のお悩みコラム

婚活市場の中には「結婚をしよう」とうそぶきお金を騙し取る結婚詐欺というものが存在します。今回は女性が結婚詐欺にあってしまう手口とその対処法について紹介します。

「もし結婚詐欺にあったらどうしよう」
「ひょっとしてあの人は私を騙そうとしているんじゃないか」
と不安に思っている方はぜひ参考にしてください。

この記事の内容
  • 婚活で出くわす結婚詐欺師の手口
  • 詐欺師の特徴
  • 婚活詐欺に狙われやすい女性の特徴
  • 婚活詐欺の対処法

婚活詐欺の実態

結婚詐欺の被害に遭った場合、どうなってしまうのでしょうか。詐欺の実態について以下にまとめました。

被害にあったことに気づけない・他の人間に伝えられない

結婚詐欺は恋愛感情を巧みに利用する詐欺です。よって騙された本人が騙された事実に気づかないケースや、騙されても「自分が悪い」と思い込み他の人に被害を言えないということもあります。

被害者が泣き寝入りすることによって、詐欺師はまた次のターゲットを狙うことできます。このように、騙されたとしても中々明るみにでにくいのが結婚詐欺の特徴です。

婚活サービスを通じ接触してくる

「結婚したい」と強く希望している人を狙うのが結婚詐欺師の手口です。早く結婚したい、という焦りが詐欺師たちのつけ込む隙となるのです。

よって彼らは婚活サービスに何食わぬ顔で登録して、引っかかってくれそうなターゲットを選別します。

一見して普通の人とそんなに変わることがないので、そうした人達と普通の人を区別することは困難なことがあります。

「自分は詐欺師ではない」と思っている詐欺師もいる

「自分はただ結婚するのが嫌だったから別れただけ」
「良い夢を見させたんだからお金をもらうのは当然」
と、自分では詐欺師ではないと思いながら相手を騙してお金をもらう人たちもいます。

当然ながら、「結婚しよう」と言っておきながら初めからお金を騙し取るつもりで相手に近づき、利用するだけしてお金を取っていってしまうのは立派な結婚詐欺です。

このように自身では「悪いことなんてしてない」と罪悪感を持たないで詐欺を行うケースもあるため、詐欺師を判断する際には慎重になる必要があります。

結婚詐欺をする男たちの手口

  1. 高スペックの男性が親しげに近寄ってくる
  2. 恋人関係になり、しきりに結婚を意識させる発言をする
  3. ちょっとしたことでお金を借りる
  4. 金額がだんだん大きくなっていく
  5. 突然音信不通になる

①高スペックの男性が親しげに近寄ってくる

高身長、高学歴、高収入、イケメン、大企業勤め、親しみやすい性格…と、このように結婚詐欺師は女性の理想を詰め込んだような男性として振る舞います。

彼らは初めて会った段階からターゲットに対して非常に親しみやすい雰囲気で近づいてきます。そして「あなたは自分の理想の相手だ」というようなことを言い、好意を持っている素振りを見せます。

素敵な男性がそんなことを言うので、女性もついつい「スペックもいいし、私のことを好きだと言ってくれてる。これって運命かも?」とその気になってしまうのです。

②恋人関係になり、しきりに結婚を意識させる発言をする

結婚詐欺では恋人になるまでの期間も短いことが多いです。そして恋人になった後からは相手に結婚を意識させていきます。こうして恋人としてだけではなく、結婚を見据えてお付き合いしているのだということを感じさせて安心させるのです。

詐欺師はとても優しく接し、女性をとにかく尊重します。ゆえに被害者は「この人ならきっと私を幸せにしてくれるだろう」と感じてしまいます。

詐欺師は「この人を逃したら次はない」と考えてしまう女性ならではの焦りを巧みに突く。

③ちょっとしたことでお金を借りる

恋人になり、被害者との関係が構築された頃に詐欺の第一段階が始まります。

多くの詐欺師の手口として、まず始めに僅かなお金を借りるということが見られます。そしてそのお金は騙し取らずに、しっかりすぐに返します。

これは被害者がお金を貸してくれる性格なのかを調べると同時に、小さなお金でもちゃんと返すことで信頼感を築くという目的があります。

「この人はお金をくれない」と思えば詐欺師は離れていき、また狙いやすそうなターゲットを探し始める。

④金額が大きくなっていく

やがて詐欺師は信頼関係が築けた頃を狙って、大きなお金を被害者から借ります。

被害者はすっかり相手を信用していますし、これまで貸してきたお金もちゃんと返ってきています。その上すでに結婚を考えている相手なので、ほとんど身内のように感じているのです。

ゆえに詐欺師が「困ったことがあったから助けて欲しい」と言った時、「私が助けてあげなきゃ!」という気持ちに駆られてしまいます。

詐欺師がお金を騙し取る口実
  • 親が急病で倒れてしまった
  • お金を騙し取られてしまった(と、詐欺師自身が言う)
  • 仕事でミスをして、損害賠償を要求された
  • 事故を起こして慰謝料を請求された

このような理由をつけて、「このままではお金がないから結婚できない」「あなたと一緒になりたいのに、生活もままならないかもしれない」とターゲットの不安を煽ります。

⑤突然音信不通になる

大金を借りた詐欺師はある日突然音信不通になります。詐欺師は本当の住所も勤務先もターゲットには伝えません。よって聞いていた勤務先を訪ねてもその人は在籍していなかったり、そもそも詳しい個人情報を伝えてもらっていないということもあります。

お金を騙し取る回数は決まっていませんが、「騙されやすそうだ」と判断された人ほど何度も被害にあってしまうようです。十分にお金を搾り取ったと判断すれば、すぐにターゲットを捨てて逃げ出します。

詐欺をしかける男性の特徴

理想にピッタリ合う

詐欺師は事前にターゲットの理想の結婚相手を入念にリサーチしています。

結婚相手に求める条件や「こんな人が好き」というのをプロフィール欄や結婚相談所に伝える方も多いかと思いますが、そうした個人情報を手に入れて詐欺師は接近してきます。

相手があまりにも自分の理想にピッタリなので、被害者は思わず「この人こそ私の理想だ!」と感じて手放せなくなってしまうのです。

関係の展開が早い

たくさん数をこなす詐欺師ほど、恋人関係になるまでや恋人になってからの展開も早く進む傾向があります。

さっさと関係を構築してお金を巻き上げ、次のターゲットに向かうスパンを短くします。関係を長く続けるケースもありますが、その場合はより多くの大金を継続して被害者から取っていく傾向があります。

自分の事情を話したがらない・秘密主義

自分の足跡を辿られないようにするため、個人情報を話したがらないのが詐欺師の特徴です。中々家族や友人に会わせくれないこともあります。

しかし相手の親に会わせてもらったとしても、それがお金で雇った人間かもしくは詐欺師の協力者であるケースもあります。詐欺は複数人でも行われます。極端に自分のことを話さなかったり、相手側の知り合いに違和感があるようであれば慎重になってみるべきかもしれません。

狙われやすい女性の特徴

結婚詐欺に狙われやすい女性には以下のような特徴があります。

  • 相談できる人が周囲にいない
  • 早く結婚したいと思っている
  • 認められたい・愛されたい欲求が強い

周囲に相談できる人がいない女性は、お金を騙し取られてもおかしいと思うことができません。そのうえ早く結婚したいという焦りを感じていると、相手が不審な素振りをしても自分から見ないふりをしてしまいます。

そして詐欺師は非常におだて上手で、なおかつ女性を掴むためにこまめに連絡を取ります。よって愛されたい欲求の強い女性は「私のことをこんなにも気にかけてくれるのはこの人だけ」という気になってしまうのです。

たとえ注意力の高い人であっても、中々結婚相手が見つからない状態が続いていると精神的に困憊してしまいます。ゆえに、突然現れた理想の男性を運命の人だと思いたくなってしまうのです。

結婚詐欺ではと疑ったら

さて、これまでに結婚詐欺の手口や狙われやすい女性の特徴について紹介してきました。
それでは結婚詐欺師かも知れないというような人に出会ったら、どのように対処すればよいのでしょうか。以下にその対処法を紹介します。

友人や家族に会わせてもらう

まず彼の友人や家族に会わせてもらえないか相談してみましょう。身近な人に中々会わせてもらえない場合はなんかしら家庭の問題があるか、あるいは後ろめたい理由で会わせられない事情があると考えられます。

「家族に会わせてもらえない」のは、家庭に複雑な事情があるケースもあるため判断が難しいところもあります。しかし先ほども述べた通り、詐欺師は家族や友人を偽物の人間で代用することもあります。相手先の家族に会わせてもらったとしても、一定の警戒心は持ちましょう。

また知人に会わせてもらう以外にも、ツイッターやフェイスブックなどのSNSのアカウントを教えてもらうのも有効と言えるでしょう。

結婚相談所のスタッフに相談してみる

結婚詐欺師ではないかと疑ったら結婚相談所のスタッフに相談するのも良い方法です。

結婚相談所のスタッフは詐欺師の情報を業界内で共有しているので、素早く対応してくれるケースが多いのです。

そうした専門家に相談する以外にも、家族や友人に相談するという手もあります。その場合は異性との交際経験があったり、世間の常識をよく知っている人を相談相手にすると客観的な視点が得られるでしょう。

詐欺師の対策で大事なのは、とにかく自分の視点だけで相手を判断しないということです。詐欺師は巧妙ですから、ターゲットから怪しまれないように洗脳してしまいます。普段から客観的な意見を貰えるように、こまめに周囲とコミュニケーションをとるのが一番の対策方法です。

お金を貸さない

そもそも他人に対してお金を貸してしまわない、ということも対策として有効です。最初から人にお金を貸さないと決めておくと、詐欺師から「お金が欲しい」と言われても撃退することができます。

一番なのは「どんなに少額でもお金を貸さない、渡さない」ことです。しかしそれだと相手が詐欺師ではなく、ただの普通の人だった場合「ケチな人だと思われてしまうのではないか」と悩む人もいるでしょう。

それゆえ特に大きなお金を受け渡しする時に、周囲と相談したり、本当にこの人にお金を渡してもいいのかを判断する必要があります。ただし詐欺師はゆっくり考える時間をターゲットに与えない場合が多いので、普段から「相手がお金を欲しいと言ったらどう対応するか」について考えておきましょう

「自分は結婚できるのか?」を知る無料のツール!

「婚活してみたいけど、何かとお金がかかりそう」と悩んでいませんか?

実は婚活のサービスの中には、無料で「自分が結婚できるのかどうか?」を調べられるツールが存在します。

ここで紹介するのは大手結婚相談所のオーネットが提供する「結婚チャンステスト(無料実施中)」です。自分のステータスや相手に求める条件に関する23の質問に答えるだけで、自分に合う人がいるのかどうかを知ることができます。

婚活を失敗させないために、ぜひ活用して婚活の自己分析をサクッと行ってみることをおすすめします。

婚活のお悩みコラム
この記事が役に立ったらシェアしよう!
マリハピ!
タイトルとURLをコピーしました