婚活で好きな人を諦めようか悩んでいる人へ【前向きになれるメソッドを紹介】

婚活のお悩みコラム

「好きな人がいるけど、振り向いてもらえそうにない。それでも、結婚はしたい。どうすればいい?」

こんな悩みを解決します。

本記事の内容
  • 好きな人を諦めて婚活するとどうなるのか
  • 好きな人を忘れてもいいのか

世間では「好きな人と結婚して幸せになった」という人がたくさんいます。しかし好きな人は自分と結婚してくれそうにない…そんな時はどうすればいいのでしょうか。

結論からすれば、好きな人と結婚できなくても幸せになることは可能です。結婚とは、「お互いを支え合いたい」と思っている人同士がするもの。そこに深い恋愛感情がなくとも、信頼関係を築くことによって良い夫婦となることができます。

この記事を読み終えるころには、好きな人を諦める、諦めないに関係なく、前向きになれるようになることを願っています

好きな人が振り返ってくれないのは何故なのか?

「好きなのに相手が振り向いてくれない」ということには大きく分けて以下の原因が存在します。

好きな人が振り向いてくれない理由
  • 異性として、あるいは結婚相手として見られていない
  • 既婚者・彼女持ち
  • 家庭の事情で付き合ったり結婚することができない
  • 仕事の関係上恋人・夫婦になるメリットがない(度々の転勤、出張など)
  • お金が無く結婚することができない

自分でどうこう改善できることならまだしも、中にはどうにもならないこともあります。そうした時、「将来的には結婚したい」と考えている人はどうすればいいのでしょうか?

好きな人を諦めたらどうなる?

好きな人と結婚することが難しいのだと分かった時、その人を諦めて新しい相手を探そうとすることを一度は考えたことがあるかも知れません。

しかしこの時ネックになるのが、「あの人を諦めたくない」という気持ちです。しかし、現状で結婚できない状況にある場合にあるのなら、気持ちを切り替えて新しくやり直すのが現実的な方法です

その人と結婚できるようになる時までじっと耐える、という方法も確かにあります。それでも、あなたの時間はあなたのためにあります。もし結婚することができる、と信じるにしても、その人と結婚できるのはいつの話になるのかは分かりません。

ぺんぎんさん
ぺんぎんさん

結婚できるようになるまで不安や焦りを抱えて過ごすのはけっこう辛いことなんだよ。実際、今好きな人がいないという人でさえ「将来結婚できるのだろうか」と不安に感じるという人は大勢います

その人とは今の段階ではどんな方法を使っても結婚できないということが分かっているのならば、無理に追いかけてしまうことはあなたの時間をただ浪費してしまうことに繋がります。追いかけても意味のない相手を追いかけることは、自分の時間を無駄に使っているということです。

参考ポイント:結婚は年々難しくなっていく、という声も

結婚することは年齢を重ねるごとに困難になっていきます。その理由は、年齢の高い人の需要が少ないから、ということが挙げられます。

もし好きな人を諦めなかった場合、諦めなかった年数だけ年を重ねてしまいます。そうなると、いざその人を諦めて結婚相手を新たに探そうという決意を固めた時にはお相手がもういなくなっている…ということになってしまうことも。

結婚適齢期を逃したくない、という場合には好きな人を追いかけるのはほどほどにしておくことで、後々に結婚相手を見つけることができなくなる可能性を下げられます。

好きな人以外と結婚しても大丈夫なのか?

結論からすれば、好きな人以外と結婚しても問題はありません。好きな人ではなくても、落ち着ける関係を築ける人はいるからです

結婚とは「好き」という感情だけで決まるものではありません。性格、生活スタイル、価値観などといった、「一緒に生活しても問題ないか?」という点の方がより重要となります。

必ずしも「好きな人=結婚して幸せになれる人」ではありません。むしろ、好きな人以外を選ぶことの方が結果的によい結婚生活を送ることができる可能性さえあります。これについて詳しくは以下の段落で説明します。

【好きな人を諦める婚活のポイント】自分の価値観に合う相手を選ぶ

改めて「結婚したい」と思えるような相手を探す場合には、自分の価値観に合う相手を選ぶことが必須になります。

ぺんぎんさん
ぺんぎんさん

どうしても好きな人と比べてしまいそうになるけれど、一緒に暮らしても問題ないと思える相手が見つかるのならそちらのほうが良い手段になることもあるよ。

大切なことは、「信頼関係を築ける相手を選ぶこと」です。結婚生活を送る上では案外、「好き」という感情を抱けるかどうかはあまり関係ありません。実際、この記事を書いている私もかつて「好き」とは思わなかった相手と結婚したということがあります。

好きではない相手と結婚したら不幸せになる、ということは決してありません。きちんと信頼できると思えるような人であれば、問題は起こらないものです。

信頼できる人とは?

離婚の原因

司法の統計によると夫婦の離婚の原因は「性格の不一致」が最多となっています。

「好きな人と結婚すれば大丈夫」と思っていても、一緒に生活する中で問題が起こることもあります。その点、付き合い始める時点から一緒に暮らすことを前提にして相手を選べば、より自分の価値観に合った人と結婚することもできます。好きな人を諦めることは、後々によりよい結婚生活を送ることに繋がる可能性もある、と言えるのです。

結婚相手として重要なポイント
  • 価値観が合う(例えば清潔感などは重要なポイント)
  • お金の使い方(同レベルだと違和感を感じにくい)
  • 生活スタイル
  • 性格に大きな不満感を覚えない

結婚生活に最低限必要なのはこれらのポイントです。「好きな人がいるから」と思っていても、こうした人が現れた時が結婚に適した瞬間と言えるかもしれません。

好きな人を忘れるということは悪なのか?

好きな人を諦めることは悪いことではありません。むしろ自分の新たな道を作る一歩となります。「好きな人を諦めてはいけない」という思いは、周囲の言葉というよりも、自分の気持ちが原因で作られています。

ここまで「好きな人を諦めること」についてまとめてきましたが、決して必ずその人を諦めなくてはいけないということをお伝えしたかった訳ではありません。しかし、新たな人を求めて婚活することにも数々のメリットがあります。

好きな人を忘れる、ということが中々できない人も多いでしょうが、諦めて前に進むことで道は開くことができます。この記事を通して好きな人と結婚しなくても幸せになれる、という選択肢があることを知っていただけたら幸いです。

「自分は本当に結婚できる人間なのか?」を知る無料のツール!

「結婚には興味があるけれど、婚活はお金がかかりそうで手を出しづらい…」と感じていませんか?

実は婚活のサービスの中には、無料で「自分がどんな人に合っているのか」「どういう風にアプローチすれば自分の魅力を効果的に伝えられるのか」を知ることができるツールが存在します。

ここで紹介するのは大手結婚相談所のツヴァイが提供する「パーソナル結婚診断」です。あなたのスペックや希望の相手の条件について尋ねるたった30の質問に答えるだけで、簡単にあなたにとってピッタリな相手がいるのかどうかを教えてくれます。また、診断後も無理な勧誘はほとんどありません。

「自分と相性のいい人がいるのだろうか」「自分って本当に結婚できるの?」という悩みをサクッと5分で解消してみましょう!

婚活のお悩みコラム
この記事が役に立ったらシェアしよう!
マリハピ!
タイトルとURLをコピーしました