婚活をやめる年齢とタイミング【結婚を諦めるのはいつ?】

婚活のお悩みコラム

婚活にやめるべき年齢はあるの?今が結婚を諦めるタイミング?

という疑問について解説します。

結論から言うと、結婚を諦めなくてはいけない年齢というものはありません。確かに年齢が上がれば相手を見つけるのは難しくなっていきますが、「結婚したい」という意志を持っている限り婚活は続けてもいいです。

ぺんぎんさん
ぺんぎんさん

婚活は諦めるタイミングは本人の意思次第。この記事では婚活を諦めるタイミングとはいつか?を決めるサポートをします。

婚活が難しくなっていく年齢

婚活の情報を色々なところから聞いていると、30代後半を過ぎてからだんだん「婚活はもうやめる」という人が出てきてくる印象があります。一方で40代になってから結婚相手を探し始める人もおり、人それぞれの価値観によって異なるようです。

「結婚が難しいと感じる」という声は20代でも存在し、30代に入ってからはこれが増え、40代、50代では同程度の割合で困難と感じる人がいます。

いわゆる「普通」なタイプの人が「婚活が難しいと感じる」というケースは意外と若い年代から50代程度の人まで見られます。これは人によって結婚相手に求める基準が異なっていたり、結婚相談所を利用しているか否かという点で変わることが原因のようです。

婚活を諦めるシチュエーション

どういうタイミングに婚活を諦めるのか、以下にまとめました。

  • 付き合っていた人と別れた
    本命と感じた相手と別れることになると、それ以上結婚相手を探す気力がなくなってしまうケースも多いようです。また付き合う以前でも、以前から気になっていた相手が結婚してやる気を失ってしまう…ということも。自分にとってこれ以上に良い人が見つからないと感じてしまうことが原因のようです。
  • 良い相手が見つからずこれ以上続けられないと感じた
    色々な人に会うことをずっと続けても中々結婚してもよいと思える相手が見つからず、根負けして婚活を辞める人もいます。特に相手探しに熱心になっている人に起こりやすく、そのまま婚活を続けてももう良い相手は見つからないだろうと感じることが理由のようです。
  • 結婚に魅力を感じなくなった
    身近な人が離婚した、という人に見られる傾向です。結婚しても束縛されるだけ、と感じたり、結婚に意義を見いだせなくなることで婚活を止めてしまいます。またこの選択肢を選ぶ人は高い孤独耐性を持っているか、あるいは友人や肉親と共同生活をしているという人のようです。
  • 体調を崩した
    怪我・病気によって自分の体調を崩し、婚活を止めるという場合です。体調が良好になればまた婚活に復帰する人もいます。「婚活が辛い」というしんどさに耐えきれず、婚活をやめるという精神的な問題も一部にはあります。
  • 周囲の環境が変わり、続けられなくなった
    親の急死や職場の変更など、周囲の環境が変わってしまい婚活をやめることを余儀なくされるケースです。これも上記と同様、状況が落ち着き次第婚活を再開することがあります。
  • 周囲のプレッシャーに耐えきれず
    親や友人から「もうその年では結婚できない」などと言われて婚活を諦めるというシチュエーションは多く存在します。中には結婚相談所のスタッフからプレッシャーをかけられることで婚活が嫌になることもあるようです。「婚活が不安だから」とブログや知恵袋を読み漁り、ネガティブな情報ばかりを仕入れてしまうタイプの人が陥りやすい傾向にあります。

婚活では「良い人が見つからない」ことが原因で結婚を諦める人が多い傾向にあります。また、「そろそろ結婚は諦めたほうがいい」と言われてやむなく諦めるという人もいます。

「婚活をもうやめたい」「婚活はまだ続ける」という人の価値観の違い

先程「それぞれの価値観によって婚活をやめるか続けるかは異なる」ということを述べました。婚活をやめる人とやめない人の価値観の違いは、「親の結婚年齢」が大きく影響しているように感じます。

「親が高齢結婚だった」という人ほど「まだ婚活を続けてみよう」とチャレンジする傾向にあります。また「若い頃は自分のことに時間を使いたい」と考え、30代後半か40代といった少し遅い年代になってから婚活を始めるというケースにも当てはまりやすいです。

一方で「もう結婚するのなんてこの歳じゃ無理」と考える人は親が若いうちに結婚していたことが多いようです。年頃になった時点で両親から「そろそろ結婚を」と言われるようになるので、早い段階から結婚を考え始めるようになります。あるいは親以外でも周囲に自分より早く結婚したという人がいる場合には、「置いていかれた」と感じて自分と比較してしまうようです。

「結婚したいのであれば『やめたい』と感じても続けるべき」という意見も

「結婚するのは年を取るたびに難しくなる。だから『婚活をやめようか』と一度考えても、後々になってやっぱりあの時もっと頑張っておけばよかったと思うくらいなら諦めないほうがいい」
という意見もあります。実際、婚活を一旦やめてその後復帰したという場合では「あの時真面目に婚活をしていれば良い相手が見つかっていたかもしれないのに」と考えてしまう方もいるそうです。

一方で、「暗い顔つきをしていたら良い人は見つからないから、しんどいと思うなら婚活は立ち止まるべき」という人もいます。婚活を諦めるかどうかについては賛否両論ですが、少なくとも「暗い気持ちになるのはいけない」という点においては婚活をする人はみな賛同しているようです。

婚活をやめる前に立ち止まって考える

いつ婚活をやめるのかは個人の意思次第です。たしかに結婚適齢期と呼ばれる年代はあって、それ以上を越えると簡単には結婚相手を見つけにくいと言われています。しかし40代以上になっても「結婚したい」という意思を持って活動し、結婚まで至ることができた方もまた多いです。

(例)
  • 35歳で結婚し、38歳で子供を産んだ女性
  • 一緒に生活を送っていける相手を見つけた44歳の同年代カップル

運が良ければすぐに結婚していく人もいますが、良い相手に巡り合うことができなければ婚活は長引いてしまいます。「もう結婚相手を見つけるのなんて無理だ」と感じるのであれば、そこで終了です。しかし、諦めなかった結果婚活を成功させた人もいるのも事実です。

しかし「婚活をやめる」と決める前に一度立ち止まって、それが本当に自分の望んでいることなのか?を考える時間をとったほうがよいでしょう。例えば以下の項目の特徴に当てはまる人は結婚を諦めても比較的後悔しないと言えます。

結婚をあきらめても後悔しない人の特徴
  • 結婚できる確率が低くなっても構わない
  • 周囲に「まだ独身なの?」と言われても気にしないようにできる
  • 仕事(もしくは趣味)以外のことで悩みたくない
  • 老後・ケガ・病気の時に自分の面倒を見てくれる人がいる
  • 何でも相談できる親しい人がいる
  • 子供はいなくていい
  • 結婚できなくても後悔しない、と感じている

また、こちらの記事では婚活が上手くいかない人に向けて対処しておくべきヒントをまとめています。頑張っているはずなのに上手くいかないと感じている場合には、ぜひ参考にしてください。

「自分は本当に結婚できる人間なのか?」を知る無料のツール!

「結婚には少し興味があるけれど、何から始めればいいのか分からないな」と感じていませんか?

実は婚活のサービスの中には、無料で「自分がどんな恋愛をする傾向があるのか?」を調べられるツールが存在します。

ここで紹介するのは大手結婚相談所のツヴァイが提供する「恋愛傾向チェック」です。あなたの性格について尋ねるたった30の質問に答えるだけで、簡単にあなたの恋愛の弱点から強みまで診断してくれ、さらに婚活についてのアドバイスももらえます。また、診断後も無理な勧誘はほとんどありません

「どうしてモテないのか知りたい」「いつも恋愛で失敗してしまうのはなぜだろう」「自分って本当に結婚できるの?」という悩みをサクッと5分で解消してみましょう!

婚活のお悩みコラム
この記事が役に立ったらシェアしよう!
マリハピ!
タイトルとURLをコピーしました