結婚していない30代は「売れ残り」?売れ残りと言われる人の特徴と理由

30代から始める婚活

30代でも近年は晩婚化によって結婚していない人がどんどん増えてきています。この記事では売れ残りと言われる理由と売れ残りになる人の特徴について解説しています。

「売れ残り」にならないためには実際に行動に移し、遅くならないうちに結婚に向けて活動していくことが重要です。後半ではその方法についても解説します。

結婚できない30代は「売れ残り」か【売れ残りと言われる理由】

30代になるまで結婚できず、結婚できない状態になるのは晩婚化が主な原因と言われています

女性の平均初婚年齢
女性の平均初婚年齢の上昇

晩婚化の原因は以下のようなことが原因で起こっています。

晩婚化の原因
  • 仕事が忙しく結婚が考えられない
  • 結婚する資金が貯まっていない
  • 「そのうち機会が訪れる」と考えてしまう

これによって、いざ結婚しようと思った時には適齢期を逃してしまっているという事態になってしまうのです。

現在、女性の平均初婚年齢は29歳と言われています。自分の周囲に20代で結婚している人が多いと分かりにくいかもしれませんが、実際は30代になっても結婚しないままの女性は多いのです。

「結婚していない人」は滅多に自分が結婚していないことを周囲に言いません。結婚しないことに自信を持っているのでない限り、「自分は異性から求められない」ということを言いふらすことはそうそうありません。それゆえ「同じ年代で結婚できていないのは自分だけ」=「売れ残り」というように自分も周囲も思い込みがちです。

現代では晩婚化が進行していて、30代でも結婚していない人も多いです。そのため、結婚していない30代を「売れ残り」と表現するのは正しくないケースも存在します。

売れ残りになるのはどんな人間なのか

晩婚化などが原因で30代まで結婚できないでいる人たちが増えているということを以上で説明しました。しかしそれでもその人自身の性格や振る舞い方が原因となり、婚活市場で売れ残ってしまう人はいます。

売れ残りになる30代の特徴
  • 人の話を聞かない
  • 身だしなみを気にしていない
  • 家庭力が低い

結婚相手として見られるにあたって、「人格」「家庭力」の二点はとくに重視されます。また、人間の第一印象を見る上で身だしなみというのは非常に重要であり、この点を気にしていない人は結婚相手として魅力的に見られないということが多いです。

特に結婚相手には家事や育児への能力を重視する人が多く、「家事は相手に全部任せます」というタイプの人は男女問わず避けられがちです。

結婚相手として魅力的に見られるには、「相手を尊重することができる」「身だしなみに注意している」「家庭力がある」ということが重要になります。

気になるポイント:性格はそんなに悪くないはずなのにどうして結婚できないの?

「そんなに結婚したくないと思われるほどじゃないはず」という人でも結婚できない場合は、以下の点に当てはまっている可能性があります。

婚活がうまくいかない特徴
  • 結婚に本気ではない人に引っかかってしまう・自然な出会いを待ってしまう
  • プライドが高すぎる
  • 目標を決めずにだらだら婚活している
  • 婚活の回数が足りていない
  • 「この人と付き合ってみよう」という一歩が踏み出せない

これについて詳しくは以下の記事で解説しています。

【未然に防ぐ方法】売れ残りにならないためには

「売れ残り」という状況にならないためには若い年代の段階から結婚に向けて行動していくことが重要です

特に結婚ができる年代は25歳ごろがピークとなっており、30代以降になると結婚できる確率は20%程度と言われています。

30代を過ぎると一気に結婚相手を見つける事さえ難しくなっていきます。また、年齢を重ねれば重ねただけさらに婚活は厳しくなっていくので、30代を過ぎた後からも積極的に行動を起こすことが不可欠です

【対応策】自分が売れ残りかもしれない、と思ったら

自分が売れ残りと言われるような側の人間になってしまったかもしれない、という場合にはどうすればいいのかについて解説します。

30代からの挽回策
  • 自分の状況を把握し、高望みをしすぎない
  • 自分から行動を起こす

自分の状況を把握し、高望みをしすぎない

「結婚したいけれど、中々結婚することができていない」という状況にある場合、ここで結婚相手への理想を高くしすぎると失敗しまう可能性が高まってしまいます。

30代になると相手を見つけることは難しくなります。よって、無理に高いステータスの相手を求めたりすることは避けた方が無難と言えるでしょう。「もっといい相手がいるはず」という思考は特に危険です

高いスペックを相手に求めすぎると、自分で結婚相手を見つけるハードルを上げてしまうことになります。自分が今結婚相手としてどれくらい魅力的と思われるだろうか?という点を客観的に振り返り、現実的な相手を探すことが不可欠です。

まずは自分から行動を起こすことから

「結婚相手が向こうからやってくる」ということはまず起こり得ないと考えた上で行動したほうが良いです

異性からたまたまで好きになって貰える確率はそうそう高くはありません。「結婚したい」と考えるようになったら、自分から行動して相手を見つけていくことが肝です。

「そのうち良い人が見つかるだろう」とのんびりしていたらますます婚期を逃してしまうことに繋がります。積極的に自分から行動を起こせば結婚相手を見つけられる確率は高まるので、まずは出会いを見つけるところから始めてみるべきと言えるでしょう。

結婚相談所やマッチングアプリを利用するべきなのか?

30代が相手を見つけるために結婚相談所やマッチングアプリを利用するべきかどうかという点については、このサイトでは利用することを強くおすすめしています。

30代の時点で彼氏や彼女がいない場合、そこから相手を見つけるのは困難が伴います。よってこのような出会いをサポートしてくれるサービスを利用することは十分に考慮に入れてよいと言えるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました