【30代女性】婚活がうまくいかない女性の特徴と原因

30代から始める婚活

結婚したいのに中々結婚相手を見つけることができない、と感じていませんか。結婚まで上手くいっていないという状況が続いていると「自分はもう結婚できないのではないか」という不安からは中々逃れられなくなってくるものです。

ここでは「婚活がうまくいかない30代女性の特徴」と「その原因の対策方法」について解説していきます。婚活を成功させるカギは失敗を繰り返さず、やり方を変えていくことです。婚活でうまくいかない原因を知って、「結婚できない女」を脱却しましょう!

なお、「結婚したくても出会いがない…」と悩んでいる人は以下の記事を参考にして相手をゲットしてみましょう!

30代はどうして婚活がうまくいかない?

30代は相手が見つからなくなる

30代が結婚できないのは異性から相手にされないようになってしまうからです。その原因というのは、

  • 30代は妊娠が難しくなるから
  • 「若くない」と思われるようになってしまうから

という事があります。実際、30代を3年の間で結婚したかどうか調べた調査では20%程度しか結婚できていないという結果が出ました。30代から相手を探すのは中々厳しいという現実があります。なのでもし「結婚相手が見つからない」と感じているようであれば、それは自然なことと言えるかもしれません。

婚活がうまくいかない女性の特徴とは

「30代の婚活は厳しい」という話をしましたが、中には自分の行動が原因で結婚相手を見つけるのを難しくしてしまっている人もいます。30代で婚活がうまくいかない女性は、以下のどれかに適合しています。

婚活がうまくいかない人の特徴
  • 結婚に本気ではない人に引っかかってしまう・自然な出会いを待ってしまう
  • プライドが高すぎる
  • 目標を決めずにだらだら婚活している
  • 婚活の回数が足りていない
  • 「この人と付き合ってみよう」という一歩が踏み出せない

詳細についてはここから説明していきます。これを読んで自分がどれかのタイプに当てはまっていないかどうか振り返ってみましょう。

結婚に本気ではない人に引っかかってしまう・自然な出会いを待ってしまう

  • 長年付き合ってきた彼氏に結婚したい、といざ言ったら『それはまだ早いんじゃないかな』と振られてしまった。こっちは早く結婚したいのに!
  • 「婚活するなんてモテない人のすることじゃない?」と自然に出会うのを待ち続けて婚期を逃す。

以上のように、結婚に対して本気じゃない男性に引っかかってしまって婚活に失敗するパターンや、婚活に真剣に取り組んでいないというのも早く結婚できない女性の特徴です。こうした場合では結婚するためにわざわざ他の男性と付き合いなおす必要が出たり、結婚までかかる時間が余計に伸びてしまうことがよくあります。

「結婚はまだ早い」
「そこまで将来を考えてなかった」

というすれ違いによって起こる失敗を避けるためには、最初からしっかり「結婚を前提にお付き合いしたい」ということを伝えておく必要があります

またそもそも相手探しを始める段階から、結婚に対して真剣な人が多くいる場所で相手を探すのが結婚への近道になります

例えば結婚相談所や、男女共に料金をとるタイプの婚活アプリには婚活に真剣な人が登録しています。これらのサービスを少し割高と感じるかもしれませんが、結婚できれば元はとれます。

早く結婚したいなら、自然な出会いから始めるのは非効率的です。まずは婚活を主眼としたサービスを提供しているところに登録してみましょう。これが婚活におけるスタートラインです。

自然な出会いで知り合った人では結婚できない可能性が婚活を通して出会った場合よりも高くなってしまいます。「結婚したい」と考えるなら、結婚相談所や婚活アプリなどを活用すると効率的です。

プライドが高い

  • 私は顔は悪くないほうだし、頑張ったらもっといいステータスの男性を捕まえられるはず。
  • 自分より年上のおじさんとなんて絶対結婚したくない。
  • 自分を売り込むために男になんか媚びを売ってられない。

自分に釣り合う相手と結婚したいと望むこと、媚びを売るのが何となくかっこ悪いと思うこと、それ自体は問題ありません。ただしそれが行き過ぎて、「私に釣り合う相手がどこにもいない!」と自己陶酔してしまうといつまでたっても結婚できないという結果に。

こう言う風に考えてしまうのは、若いころにモテていたり、学歴や職業などで他人よりちょっと優れた所がある人がこうなってしまいがちです。しかし、いくら人より優れたところがあると自分では思っていても、それを他の人が理解してくれるとは限りません

婚活では自分がどう思っているか、ではなく、周囲から自分がどう見られているのか、という視点を持つことが重要です。

婚活サービスが自分の生活スタイルに合っていない

  • 「婚活パーティーに参加しようと思っても、休日が不定期だから中々参加できない」
  • 「資金がなく、『お金がないから早く結婚しなくちゃ!』と思っている」

休日が不定期で相手と出会うことができなかったり、婚活にかかるお金が負担になってしまったり……というケースがあります。そうなると婚活を続けるのにも苦労して、結果「結婚ができない」という状況に陥ってしまいます。

このような場合では、自分の身の丈にあったサービスに乗り換えてみる必要があります。「どうしてもここじゃなくちゃダメ!」というのは案外少なく、探せば自分にとってぴったりなサービスが見つかるという事もあります

例えば以上の例にはこのように対処できると考えられます。

休日が不定期な人→外に出かける必要なく相手と出会える婚活アプリを利用
資金が足りない人→結婚相談所の乗り換えを検討するとグッと会費の負担が減ることも

工夫の仕様はあるので、「もうムリ!」と嘆く前にちょっとずつ行動を起こしてみましょう。

目標を決めずにだらだらと婚活を続けている

  • 「誰でもいいから結婚したいなあ(本当は誰でもよくない)」
  • 「とりあえず婚活パーティーに参加してみてるけど、良い人に出会えないなあ」

だらだらと目標を決めずに婚活を続けてしまうこと。これも余計に結婚まで遠のいてしまう原因の一つです

「とりあえず」「特に希望はないけれど」「良い人に出会えたらなあとふんわり思っている」という程度では、相当フィーリングの合う人に出会えない限り婚活の成功は難しいです。

まずは自分が結婚相手にどんな条件を求めているのか?をはっきりさせましょう。そうでない限り、自分の理想が基準より高いのかどうかも分かりません。

相手への理想が高い

「いい人と結婚したい!」という思いが強すぎる人ほど、相手への理想を高くしてしまう傾向にあります

とはいえ高すぎる目標を掲げると、それが達成しにくいことは明らかです。具体的には以下のようなパートナーを探すのは難しいと言われています。

  • 年収500万以上
  • 社会的にもステータスが高い職業の人(医者、社長など)
  • イケメン・美人
  • 性格・素行が極めて優れている

もちろん適切な場所(ハイステータス限定の婚活パーティーなど)に行けば、これらの人と出会うことはできるでしょう。しかしこうした人たちは絶対数が少ないこともあって、やはり婚活の難易度は高くなります。

「結婚したい」と考えている中でも実際に3年後に結婚できる人の割合は20%程度と言われています。そのため、自分から理想を上げてしまうとますます結婚できないという状況に陥ってしまうことになることが多いです。

このようなケースでは「どうしてもハイステータスの人と結婚したい!」というのでない限り、一度自分の目標を見直してみる必要があります。改めて考えてみると、そこまでの条件は必要なかったと気づくかもしれません。

「普通」の条件でも複数組み合わさると見つかりにくい

相手への条件がそんなに高くない、という人でも条件を見直しておきたい場合があります。

結婚相手へ求める条件の一例
  • 「子供好き」×「同年代」×「落ち着いた人」
  • 「明るく喋りやすい」×「年収400万〜」
  • 「同年代」×「安定した職業」×「大卒」

例えば上記では一つ一つの条件自体は普通です。しかしこれが複数組み合わされることによって、その条件に当てはまる相手が少なくなってしまいます

どうしてもここは外せない、というもの以外はできるだけ除外していきましょう。

「条件を見直す=妥協する」ではなく、視野を広げると捉えて、相手に求めることが多い場合には必要のない条件は削ることを検討してみてもよいでしょう。

自分にとっての「いい人」が探しにくいところで婚活している

「いい人」が探しにくいところで婚活しているのは、「結婚したいと思えるような人に中々出会えない……」と悩んでいる人にありがちな失敗です。

「別にそんなハイステータスの人は求めてないんだけどな」という人でも、多くが「いい人に出会うことができない」という悩みを抱えています。そうした場合、今やっている婚活のやり方で本当に結婚したいと思える相手が見つかりやすいだろうか?と自分に問いかけてみてください。

結婚相手に求める条件
  • 経済力
  • 職業
  • 容姿
  • 趣味が同じ
  • 人柄
  • 家事・育児能力があること

など、人によって重視する項目はそれぞれ異なることでしょう。

例えばもし趣味が同じ人とお付き合いをしたいなら、ペアーズのような趣味・嗜好で繋がれるマッチングアプリを使ったり、あるいは「協力して家事をしてくれる人がいい」という場合にもペアーズのコミュニティ機能を使えば同じ価値観を持った相手を見つけることができます。そのほか、結婚相談所でも「こういう人が良い」という希望を伝えればそれに当てはまる相手を紹介してくれます。

どうしても「良い人に出会えない」と感じるようなら、婚活する方法が自分に合っていない可能性があります。自分が何を重視するのかによって婚活で利用するサービスや婚活する場所を変えるのも有効な手段です。

婚活の回数が足りていない

婚活がうまくいかない人の中には、そもそも婚活の回数が足りていないケースがあります

あなたが「いいな」と思えるような相手は、それまで婚活を通して出会ってきた男性の中で数人はいるかもしれません。しかし向こうにもあなたのことを「いいな」と思ってもらわなければなりませんし、そしてその後も、その人と良いお付き合いを続けることができるかも問題になります。

それらの問題を全て乗り越えた上で、結婚というゴールにたどり着くことができるのです。

婚活はアプリや結婚相談所などの紹介サービスに登録しただけで上手くいくというものではありません。平均すれば1年以内に結婚できる人が大半ですが、場合によっては何年もかかってしまう人もいます。しかし、最終的に結婚までたどりつくのは失敗を乗り越えてきた人たちです。

一歩を踏み出すことができない

結婚するために婚活しているのに、結婚までのもう一歩を踏み出すことができない。
これは相手を慎重に見極めすぎるあまりに婚活がうまくいかない、という人に見られる傾向です。「相性も悪くないし、いい雰囲気なんだけど…」という相手をお断りしたことがある人は要注意です。

「他にもいい人がいるかもしれない」と思ってしまうと、結婚したくてもちょっと怖気づいてしまうものです。結婚は人生の一大イベント。慎重になることは決して悪いことではありません。

例えば、「早く結婚しないといけない」という強迫観念に迫られると冷静な判断ができなくなってしまいます。そんな状況でお付き合いを続けてしまうと結婚した後に幸せになれないかもしれません。

結婚に焦り始めると、「早く結婚しなきゃ」と「しっかり相手を見たい」の板挟みになってしまいがちです。いざという時にお付き合いするのをためらったりしてしまいがちな人は、一度落ち着いて相手と自分の状況を見直してみましょう。

よくよく考えてみるとそこまで結婚を怖がる必要がなかったり、あるいは本当に自分の将来にとって良くない結婚になるかもしれません。ただ婚活をうまくいくようにしたいのであれば、結婚相手を決めることを極度に恐れないことが重要です。

結婚できない理由を自分から作ってしまう

また結婚したいのに一歩を踏み出せない人の中には、以下のように「~だからダメ」を連発して自分で結婚できない理由を作ってしまう人もいます。

  • 「タバコを吸っているからダメ」
  • 「子ども好きじゃないからダメ」
  • 「バツイチだからダメ」
  • 「身なりがしっかりしていないからダメ」
  • etc……

結婚できない理由を自分から作ってしまうと、婚活の成功は遠のいてしまいます

どうしてもそれが自分にとってそれが我慢できないなら仕方がありません。しかしその時はあまり魅力的な結婚相手だとは思えなくても、結婚してみたらとても落ち着く関係になれる可能性があります。

はじめから「ダメ!」と決めつけると、その後発展するものも発展しないまま。自分から結婚のハードルを高めないようにしましょう。

「結婚できない」にならないために

30代が結婚相手を見つけられるようになるためには具体的にどうすればいいのかという点について、以下にまとめました。

結婚相手を見つけるための具体的なステップ
  • 「自然な出会い」よりも結婚を前提にお付き合いできるような相手を見つける
  • 「私ならもっといい人と結婚できるはず」という思考にはまらないようにする
  • 目標と期限を作る
  • 相手に求める条件を高くしてしまっていないか振り返る
  • 自分にとっての良い人を見つけやすい所で婚活する
  • うまくいかないことが続いても諦めず回数を重ねていく
  • 過度な焦りや不安を婚活で抱かないよう、精神をコントロールする

多くの30代は「何となく」で動いてしまい、失敗するケースが見られます。これらの行動を意識するだけでも、婚活で失敗することはぐっと少なくなるでしょう。

結婚相談所やマッチングアプリは使うべきなのか

  • 「結婚相談所を使ってみるべきだろうか」
  • 「マッチングアプリ・婚活アプリが気になっているけれど、実際どうなのだろうか」

という疑問にお答えします。上記でも紹介した通り、30代から結婚相手を見つけようとすると自然な出会いでは中々難しいのが現状です。よってこのサイトでは30代から婚活を始める場合には結婚相談所やアプリなどを活用していくことをおすすめしています。

タイトルとURLをコピーしました