30代は「相手にされない」のか【婚活の実際】

30代から始める婚活

30代になると異性からもう相手にされないのだろうか? そろそろ結婚相手を見つけたいのだけれど、全然相手が見つからない…

というお悩みを解決します。

本記事の内容
  • 30代が「相手にされない」シチュエーション
  • 「30代は相手にされないから結婚ができない」を回避

30代は「相手が見つけにくい」と感じる人が多くなっているようです。これは自分が年齢を重ね、相手から魅力的に感じられにくくなってしまったことから起こります。

しかし、30代でも「あなたがいい」といわれる女性は存在します。この記事では「相手にされない」は回避できるものだと分かるようになり、良い結婚相手を見つけるための道筋を知ることができます

30代が相手にされないと感じるシチュエーション

30代になると相手を見つけようと思っているのに上手くいかない、と感じることがだんだん多くなります。以下に「相手にされない」30代の本当にあった出来事をまとめます。

相手にされていないと感じるシチュエーション
  • 合コンで若い人ばかりが話しかけられて、自分は声をかけられない
  • アピールしても、結局付き合いに発展しない
  • 告白されたり、良い雰囲気になることがない
  • 楽しく話していても、異性として見られているように感じない
  • 相手からくる連絡がそっけない、あるいは返信してくれない

このような状況に陥ることが多くなるようになり、「自分には魅力がないのだろうか」や「自分はこのまま相手が見つからないのだろうか」などといった不安を抱える30代が増えてきています。

相手にされないのは何故か?【原因を知って対策】

結論からすると、30代でも結婚相手を見つけることができた人はたくさんいます。もちろん運が良かった人もいますが、それよりも自分の置かれている状況を理解して対応することができた人が多いように感じられます。以下に、相手にされない原因について紹介します。

相手にされない原因
  • 30代は「若くない」と思われることが増える
  • 35歳からは妊娠が難しくなる
  • 高いレベルの相手を求めてしまっている
  • 軽薄な付き合いを続けている

30代はもう若くないということ

相手にされないことの大きな理由は、30代が恋愛対象として大きく見劣りするようになってしまうことが原因となります。やはり20代の女性に比べると30代は肌の張りが劣ります。美人でも30代に入ると相手が見つからなくなることケースが多いです。男性でも、30代を越えると体力の劣りや活力の低下を感じやすくなります。「若い」というステータスはそれだけで大きな魅力を持つのです。

ただし、結婚には決して異性として見られる必要はありません。それ以上に、「家庭力」「性格」といった項目が重視されるようになります。

30代は年齢を重ねている分、20代の若い人たちよりも落ち着きがあると見られます。このことから、30代は「家庭力」や「人格」を磨くことによって結婚相手として見られる可能性を上げることができると言えます。

しかし反対に言えば、家庭力も性格にもこれと言って長所がない女性は見向きもされないということです。若い20代と張り合っても勝てることはほとんどありません。今の自分だからこそ引き出せる魅力とは何なのか?を考えなければ、相手を見つけることは難しいでしょう。

高齢出産になることに注意する

35歳に入ると女性、男性問わず妊娠や出産が困難になります

35歳以降の出産が困難な理由
  • 妊娠しにくい体になる
  • 障害を持った子供が生まれやすくなる

上記の事情から、35歳の女性は「子供が欲しい」と考えている男性にとっては魅力的に写りません。よって自然と男性は35歳以下か30歳以下の女性を求めます。このことから35歳以上の女性の需要が激減し、相手が見つからないという状況に陥ってしまうのです。また、男性でも30代を越えると生殖機能が衰えるということには注意しておくべきでしょう。

出産適齢期は結婚適齢期でもあります。結婚できなくなってしまうようになる前に、自発的に行動することが欠かせません。また35歳を越えた場合は、40代以上の年上の男性や「子供のいらない人」を狙っていくのも考慮に入れることになります。

求める男性のレベルを高くしない

若いころに「こんな相手と結婚したい」という希望を描いていた人もいるかもしれません。しかし若いころなら「夢見がち」で済んでも、30代になってもまだ同じように考えているようでは厳しいものがあります。

先述した通り、30代は年齢的な要因から相手にされないようになってしまっています。そうした状況で若いころと同じようにお付き合いする相手を捕まえられることは滅多にありえません。

結婚相手への理想が高い例
  • 家事・育児がパーフェクト
  • 顔が自分の好み
  • いわゆる三高(高年収・高身長・高学歴)

30代は「結婚したい相手はどんな人なのか?」を考えるよりも、「どんなことなら我慢ができるか?」から考えていくことが必要になります。結婚が困難になっていく年代だからこそ、高いレベルの相手を追いかけすぎない人が結婚に成功していく傾向があります。

真剣に結婚を考えられる人を探す

30代になってもずるずると過去の相手とお付き合いを続けている、という際には要注意です。結婚の希望がない人を追いかけることは、自分自身の時間が奪われることに繋がります

現在付き合っている、もしくは追いかけている人に「結婚したくても相手にされない」と感じている場合はすっきり忘れて次の相手を見つけたほうが良いこともあります。やはり将来的に結婚したいのであれば、結婚を前提にしてお付き合いできるような人を選ぶほうが効率的と言えます

結婚を前提にしたお付き合いができる人を探す場合には、結婚相談所や婚活サイト、婚活アプリなどを駆使することがもっとも簡単です。真剣な出会いを求める場には結婚に真剣な人が集まるものです。これらを利用することによって、結婚できる可能性を上げることができます。

ただし、これらを利用したとしても必ずしもすぐに相手を見つけることができるとは限りません。しかし偶然知り合った人と結婚できるようになるのを待つことをやめ、積極的に出会いの場へ向かえるような人が婚活では失敗しないと言えます。

タイトルとURLをコピーしました